悪魔の手引書 レビュー、評価、実践ブログ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

質問等があればコメント欄にコメントするか
メールで質問して下さい。

悪魔の手引書のレビュー、評価&実践ブログのトップページに移動

スポンサー広告

最近の事を色々と報告

ちょうど4月ぐらいからだったと思います。
何をやっても上手くいかない日々が続いています。

頑張ろうと思ってやっている事に壁が立ちはだかり、なぜかその壁は
今の僕では越えられないものだと感じ、落ち込み、それが原因になっているのか、
他の事も全然上手くいかなかったりで、何もやる気が起こらなくなっていきました。

蔡東植さんに、弱音を吐いたメールを送ってしまいました。
蔡さんからは、普段はしないような事をし、生活に変化をつけるように言われました。

そんな時、ふと人肌恋しくなりヘルスに行きました。
今のような状態の僕では、良い女の子を落とすのは、まず無理だと思ったからです。

そしてパネル指名したヘルス嬢が、なかなか可愛かったので、
「今の状態で女性誘導をしてみたらどうなるかな・・・?」と思って
やってみようとしたのですが、なんとヘルス嬢は僕と顔を合わせてくれませんでした。

女性誘導以前の問題です。顔すら見てくれないのですから。
この時に、「女性という生き物はなんて鋭い生き物なんだ!」と改めて思いました。
僕からダメな雰囲気が出ているのを察したんでしょう。

結局ヘルス嬢をイカせる事も出来ずで帰る事に・・・。
以前は出来た事が今回出来なくて更にヘコみました。

読者の皆さん方の中には、
「その女の子が、たまたまそんな感じの態度をとる子だったのでは?」
思われる人もいるでしょうが、そのヘルス嬢はお店の指名TOP3に入る子でした。
お客さんの顔を見ないような子が人気嬢になれるわけがありません。

"悪魔の手引書は、扱う人間によって
竹やりにも核兵器にもなる"
 と、ありましたね。
この言葉の意味も再認識出来ました。

僕が皆さん(特に結果が全く出てない方々)へ伝えておきたい事は、
勢いのある時、つまり自分がノっている時は、女性を落とす絶好のチャンスです。
反対に自分が自信を失ってる時、弱っている時に落とそうと思っても、
女の子はその雰囲気を鋭く読み取ってしまうので失敗してしまうという事です。

自分で「おっ!なんだか俺は今凄く調子良いぞ!」って時は、
狙っていた女性を落とせる可能性がかなり上がるはずです。

僕もこのまま絶不調のまま、終わりたくはないですし、
良い女と付き合いたいですし、今ぶつかってる壁を乗り越えたいと思います。
また変わった事があったら更新したいと思います。


悪魔の手引書 レビュー&実践記、特典情報
スポンサーサイト

質問等があればコメント欄にコメントするか
メールで質問して下さい。

悪魔の手引書のレビュー、評価&実践ブログのトップページに移動

過去ログ置き場 | コメント:4

口説こうと思った女の子を外国人に取られました

読者の皆さん、こんばんは。
あれからまだ絶不調状態から抜け出せていません。
今日は先日行った、とあるバーで実際に起こった話です。

絶不調状態のまま日々を過ごす僕は、1人で普段行かないバーに行きました。
外国人が経営するバーのカウンターで、普段飲まないお酒を1杯。
店員だけでなく、お客にも外国人男性が2人ほどいました。

しばらくすると、女の子が1人お店に入ってきました。
空いていた僕の隣のカウンター席に座り、その子はお酒を注文しました。

その女の子の容姿は双子タレントでお馴染みのマナカナを美人にした感じで、
笑うと凄く可愛くて、歯がキレイで清潔感もあり、唇が凄くキレイな子でした。

僕は「こんな子が1人でこんなバーに出入りするのか~」なんて思って見てたら、
こっちを見てきて、驚いた事にその女の子から話しかけてきました。

「おひとりなんですか?」みたいな感じで・・・。
そこからお互いの事を5分ほど話したところでトイレに行きたくなり、トイレへ。

トイレを済ませたら、身内から電話。5分程度話してから席に戻りました。
すると自分も想像しなかった事が起こっていました。

なんと店にいた外国人男性の1人が
僕と話していた女の子を口説いていたのです。

トイレと電話で消費した時間を合計しても10分足らず・・・。
僕が席に戻る時には電話番号の交換が行われていました。
そこからその女の子は、外国人男性とメチャクチャ楽しそうに話していました。
英語なので何を言ってるのかさっぱりわからず・・・。

途中で外国人男性が僕の方をじっと見てきたので、僕も彼を見たのですが、
その男性のあまりに自信に満ち溢れ、そして純粋そうな目に驚きました。

彼は何も言ってこなかったですが、まるで
「女はこうやって落とすんだよ。わかるかい?」と言うような表情でした。

2人は、しばらく話した後、店を出て行きました。
女の子は僕の存在すら覚えていないのか、振り返る事もなく・・・。

僕はふと気になって、またトイレに行き、鏡を見ました。
自分の目とあの外国人男性の目は明らかに違っていました。
僕の目は赤く充血していて、覇気が無い感じでした。

しかし、まさか外国人に横取りされるとは思ってもみませんでした。
しかも10分足らずで持っていかれるなんて・・・。
「なんであの時トイレなんか行ったんだ!電話なんか取ったんだ!」と後悔・・・。
今後はこういう時があったら周りにも注意しとかないといけないですね。

上手くいった時にまた更新しようと思ったんですが、
成功談ばかりでなく、こういう失敗談も載せていく事にします。


悪魔の手引書 レビュー&実践記、特典情報

質問等があればコメント欄にコメントするか
メールで質問して下さい。

悪魔の手引書のレビュー、評価&実践ブログのトップページに移動

過去ログ置き場 | コメント:13

| TOPページへ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。